引用と書き起こし。ブログを自由に書くのって難しい

最近、決めた事があるんです。

それは、1日に最低1つの記事を書いていくっていうこと。

最初はできないかな?って思ったけれど、文章を書いてみたら、思ったよりも言葉が生まれてくるので、今は、ずっと続けていきたいと思っています。

ただ、書きたい事はたくさんあるのだけれど、書き方で詰まる事が多い。

どういうことかというと、僕の理解が悪くて、引用と転載と書き起こしの範囲の違いがよくわからないのです。

公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%95%E7%94%A8

(Wikipediaより引用)

あちこちのサイトを巡ってガイドラインを読んで、朧げながらですが、自分の文章がメインになる場合に限り、ニュースサイトの記事の一部分や、ホームページのスクショを使用できるってルールはわかってきました。

しかし、法律っていうのは何度読んでもいろんな解釈ができてしまうので、わからない。

引用の要件もあるのだけれど

  •  既に公表されている著作物であること
  • 「公正な慣行」に合致すること
  • 報道,批評,研究などの引用の目的上「正当な範囲内」であること
  • 引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること
  • カギ括弧などにより「引用部分」が明確になっていること
  • 引用を行う「必然性」があること
  • 「出所の明示」が必要(コピー以外はその慣行があるとき)

正当な範囲内ってなんだよ、公正な慣行ってなんだよとか、調べたら調べるほどややこしくて頭が沸騰しそうになる。

こういう細かい文章を使いこなせるのが、弁護士とか法務系の仕事をやってる人なんだろなと思うと、本当に尊敬してしまいます。僕には生まれ変わってもできない。

ところで、僕がなんでここまで引用について調べてるのかというと、ラジオのネタを書きたいと思っているからです。

毎日、右耳から聞いて左耳から流しているラジオだけれど、時々、めちゃくちゃ面白い話や、為になりそうな残しておきたい話があります。

最近はラジコもありますが、それでも地上波ラジオは一期一会で。聞きなおす事が難しい。

だからブログに引用の範囲で書き起こして、記事にして残しておきたいな、なんて考えています。

ただ、ラジオの書き起こしってどこまで許されるのか、グーグル先生に聞いてみても、はっきりとはしません。

『ラジオ 書き起こし』で検索すると、過去にも書き起こしが流行した事があるようで、いくつか書き起こしサイトはありましたが、たいていのサイトは更新停止したりして、今はだいぶ廃れているようですね。

残ってるサイトはあるようですが・・・

世界は数字でできている

http://numbers2007.blog123.fc2.com/

ごちゃごちゃ悩んでいても仕方ないので、来月からラジオのネタでいろいろ語っていきますね。

あ、もちろん誰かに怒られたら、すぐに撤退するつもりです。

スポンサーリンク