AmazonGOを進めていけば無犯罪社会ができるはず。

2017年現在、アメリカで試験導入が進んでいるAmazonGO。

みなさんはご存知ですか?

動画を見ていただければわかると思いますが、つまりはこれ、無人のコンビニができるってことなんですね。

将来的には大型店舗でも、たった3人で回せるようになるとのことで、小売業界にとっては恐ろしい黒船になりそうです。

このAmazonGOですが、無人という特徴の他に、大きな意味を持っています。

それは万引きができないということです。

万引きができない、そう、AmazonGOならね

AmazonGOに入る為には、まず専用のアプリをスマホに入れて、クレジットカードを登録します。

ゲートにアプリをかざすことで、初めて店舗に入れる仕組みです。

まずこの時点で、自分の身元を晒しているので、下手な万引きはできません。

さて、ここで思考実験をしてみます。AmazonGOから万引きするにはどうすればいいのか?

例えば、マジシャンのように手管を駆使して万引きはできないか?

でも、報道記事を見る限り、カメラや棚に設置された感圧センサー、マイクなどで完全な行動分析をされているので、マジシャンだろうが不可能なんですね。

いろいろ考えてみましたが、どうやってもAmazonGOで万引きをする方法が思いつきません。

過激な方法はありますが、クレジットカード詐欺やゲート突破なんてしたら、それはもう万引きなんてレベルじゃないですね。

日本での万引きでの損失は年間5000億円と言われています。

その損失分は、結局のところ、私たちの買っている商品の値段に添加されているわけで、人件費と万引きでのロス分が削ぎ落とされたAmazonGOはまさに無敵と言えるわけです。

日本を監視社会に

僕は単純なので、AmazonGOのように、あらゆるところにカメラやセンサを設置して、日本すべてを監視すればいいじゃんって思ってしまいます。

そうすれば誰一人犯罪行為ができないし、やっても絶対にバレてしまいます。

無犯罪社会の成立です。

もちろん、防犯カメラを張り巡らせたシステムの計画はたくさんありますが、大抵とんでもない維持コストがかかるためうまくいかないでいます。

そして、防犯カメラシステムの維持コストの多くは人件費です。

AmazonGOの画期的な部分は、行動分析をAIに完全に依存しているという点です。

Amazonがどんなアルゴリズムを使っているのかわかりませんが、AIが完璧に行動分析ができるようになるなら、本気で日本中に監視カメラを設置して、無犯罪社会ができればいいのにと夢想してしまいます。

監視社会への嫌悪感

2年前、大阪市駅ビルで監視カメラを使った大規模な顔画像の取得実験が計画されました。

ただ、その実験は一部の反対派の市民によって止められてしまい、かなり規模が小さくなったようです。

「ICT技術の利用実証実験」について、4月から2年間を予定していた実施を延期すると発表した。監視カメラから取得する画像データと顔識別技術を基に人の流れを解析する計画だったが、プライバシー侵害に関する懸念が高まり、延期に追い込まれた格好だ。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140311/542723/

こういう事例から見るように、自分の行動が勝手に分析されることに対する嫌悪感が世間には多くあるようです。

みなさんはどうですか?

誰かが自分の行動を分析して、あなたの知らないあなたの思考を丸裸にしているのは嫌ですか?

といっても、もう既に、僕らの行動は丸裸にされてますよね。

例えばTカード・・・みなさんは、ポイントカードを作るときにちゃんと規約は読んでますか?

僕は読まずに作ってました。

もしちゃんと読んだことがないなら、一度こちらの第4条(個人情報について)を読んでみてください。

www.ccc.co.jp/customer_management/member/agreement/

つまりは、あなたがTカードを使ってどこでいつ何を買ったか、といった履歴はビッグデータとして解析されて、とっくにあなたの脳内は分析されているわけです。

他にも、あらゆるところで分析は始まっていますし、生きている限り、あなたの情報は蓄積されていきます。

そういった、ぱっと見目に見えない行動分析の方がよっぽど酷いのに、大阪市駅ビルの実験みたいな、目に見えやすい行動分析には反対活動が行われるって、なんだかよくわからないですね。

実際のところ、AmazonGOが日本中に張り巡らされた監視社会になっても、今となにも変わらないと思います。だったら徹底的に監視社会にして、犯罪がない社会になったほうがいいな、と考えるわけです。

まとめ

泣いても笑っても、数年後にはAmazonGOは日本に上陸します。

その時、日本の小売業界はiPhoneが上陸したあとの携帯メーカーのように駆逐されていくのか

それとも迎え撃つことができるのか、気になるところですね。

スポンサーリンク